腎臓病の食事は宅配食が一般的です

クレアチニンは筋肉中に存在している物質から作り出される老廃物で、腎臓でろ過されたあと尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。なので、通常男性の方が高めの数値になっています。筋肉量が少なくなれば、合わせてクレアチニンの数量も減るわけです。その他で言うと、妊娠時には、尿と共に出されるクレアチニン量が飛躍するので、クレアチニン値が低くなります。腎臓病を発症した方の行う食事療法の趣意は、腎臓病の進行を遅らせることと、体調を良好に保つことにあります。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法次第で腎不全の進行をスローペースにし、透析導入を遅らせることができます。実際に透析が必要となってからも、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は必要不可欠です。腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため血液の濾過作用が上手く行われず、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまうでしょう。重ねて尿と共に除外されるような老廃物まで、体内に増えてきます。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量維持することが必要となっているのです。腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の進行具合を遅くする事が可能なんです。そうとう上手くいった場合、腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせることが出来る場合もあります。食事療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありないのです。食事療法は、患者が自ら意欲的に関わることのできる最も効果がある治療法と言えます。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いて下さい。茹でる事で無くせるカリウムの値は、個々の食品や調理を行う際の水量・形状・処理時間次第で変動します。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合制限を設ける項目は塩分だけになります。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量をもとに医師が決定します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自己流でどうにかしようと考えるのは止めて下さい。腎臓病の人のためにたんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。こう言った食品を適切に摂り入れる事で、そのままでは難しい食事制限が行いやすくなります。腎臓の機能が低下するにつれ、今以上に考えて食事を管理する必要があります。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー制限が加わります。個人の見解で判断するのではなく、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにして下さい。日々の食事で得立たんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓中で分解されて、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)でもあり、全く摂らないワケにはいけないのです。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘いものと言えど思った以上にあまたのたんぱく質が含まれているのです。お菓子には小豆や牛乳(その名の通り、牛のお乳です。苦手だという方も少なくないですね)・卵が使われているため、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があるでしょう。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個に近いたんぱく質が内包されています。体の3大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)として糖質・たんぱく質・脂質があげられるのです。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質は分解されると7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負担を与えてしまいます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにして下さい。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日換算で約30g~40gです。あわせて読むとおすすめなサイト⇒腎臓病 宅配

コメントを残す