糖尿病食を宅配する場合はどんな会社かしっかりリサーチ!

糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンに異常が見られ、継続的に血糖値が高いままの病気です。糖尿病を治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)するにあたって、生涯をかけた目標は血圧・血糖・血清脂質などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、たとえば、網膜症・腎症・神経障害などの合併症、心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽などの動脈硬化症を予防し、病気に縛られない普段の生活や人生を謳歌できるよう努めることです。さまざまな治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)法のうち、適切な食事療法を介して、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防にも繋がります。糖尿病を大聴く分けると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に分類できます。なかでも、毎日の食事や生活スタイルが深く関わり最も多くの患者数を有するのが、「2型糖尿病」です。初めは血糖値が高くても自覚症状が伴わず、そのことが悪化の原因となってしまい色々な合併症を誘発します。2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)には食生活の見直しと改善が必要です。糖尿病性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。患者数が年々増加の傾向にある糖尿病の予備軍には、「食生活を改めたいけれど、中々難しい、適度な運動も必要だと思受けどできない」と考えている方々もいるでしょう。糖尿病予備群の段階ではなんの症状もないので、意識して生活の改善を図ることはめずらしいことです。そのうち、次第に境界型という糖尿病になってくると、色々な体調の変化が顕れてきます。血糖値を正常に保つのに必要なホルモンとされるインスリンが血中での異常な変化を示すことは、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスクを引き寄せる惧れがあるでしょう。わたしたちの体内で日常的におこなわれている糖代謝・脂質代謝、あるいは睡眠・体温・血圧など、ほとんどの生理機能には日内リズムがあり、「体内時計」によって制御されています。日々の生活習慣は、「体内時計」に影響を持たらします。「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、「食べるタイミング」といった体内時計の観点をプラスし、食事のタイミングと役割に関して調べる新しい研究分野です。「緩やかな糖質制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。毎日3食いいバランスで食べて、できるだけご飯を少なくする事が大事です。最も良くないのは若年層にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」です。同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。なぜなら、糖質の多すぎる食事はよくないからです。糖質制限を意識して「バランスのとれた外食とご飯の摂り方に注意しましょう」と、推奨しています。「緩やかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜・お魚・お肉といった食品持たくさん摂りましょう。バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取する事が、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。それぞれに似つかわしいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、栄養素が多く含まれる種類によって、食品グループを6つ(また6つの表)に分割し調味料とは分けて、1単位80kcalに合わせた食品の重量が記載してあるでしょう。沿うした食品交換表を参考にすることで、献立への迷いも払拭できるでしょう。一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。沿うした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、満腹中枢が満たされたりするからです。忙しいとき、しごとの合間に5分で食事をすませるようなことは控えましょう。食物繊維(六番目の栄養素として、様々な働きをしています)には血糖値を下げるメリットがあるでしょうので、それらを含んだ海藻類・きのこ類はたくさん摂ってちょーだい。糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂ってちょーだい。インスリンの作用は年齢と供に低下するため筋肉への糖の取り込みが減少します。血糖値が上昇しやすくなるのは、そのためです。食事の後は一段と、ブドウ糖が一気に体内に吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値が上昇するのを防ぐ方法として「ベジタブルファースト」があるでしょう。食事の際、野菜から先に食べる食事法です。食物繊維(六番目の栄養素として、様々な働きをしています)が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、ほかの食品が消化吸収されるのを緩やかにする作用があるでしょう。ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくりと吸収するため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。糖尿病になったら、厳しい食事制限をしなければいけないと思い込んでしまう患者さんが多いことでしょう。ですが、糖尿病の患者さんの思いとはうらはらに、決して食べられないという食品はありません。「食事療法」のための、通常とは違ったメニューがあるのではなく、食品に含まれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践する事が重要になります。食事療法のそもそもの目的は、糖尿病の患者さんだけが実践するものではなく、常々皆様が意識して考えないといけないということです。もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、1日20単位の食品と交換できますが、栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。いわゆる「食品交換表」には、外食メニューの代表的なものも記載されています。参考にして、ある程度のカロリーや栄養素をおぼえておくとよいでしょう。なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思うのですが、食べるタイミングを間違えると条件次第では低血糖を誘発する惧れがあるので留意してちょーだい。献立をマンネリ化指せない工夫をしたり、外食の仕方を上手に取り入れながら、食事療法を上手に活用してちょーだい。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>糖尿病 食事 宅配

コメントを残す