糖尿病食は宅配食の方が食事制限がちゃんとできる

健康診断などで糖尿病予備軍と注意を受けた経験のある方たちのなかで、「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、体も適度に動かしているから大丈夫」と感じてる方もいるでしょう。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、そう考えるのも無理はないです。そのうち、次第に境界型という糖尿病になってくると、様々な体調の変化が顕れてきます。例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリン値に異常が出てくる反応は、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。インスリンの作用は年齢とともに低下するため筋肉への糖の取り込みが減少します。血糖値の上昇につながる原因の一つです。特に食後は、ブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります。「ベジタブルファースト」は血糖値が上昇するのを抑えます。食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。ゴボウやキャベツといった食物繊維をたくさん含む野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと大抵の患者さんは捉えます。だかといって、糖尿病の患者さんにとって、食べられない食品はほとんどありません。「食事療法」には、これといった限定されたメニューがあるわけではなく、食品に含まれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを考えながら実践することが目的になります。この食事療法の考えは、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、本来健康なひとでも考えないといけないことなのです。1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalがふさわしいとされているひとについては、食品のうち1日に交換できる単位が20となりますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大事になってきます。代表的な外食メニューも、「食品交換表」には紹介されています。日常的に、カロリーや栄養素を把握しておくと便利です。なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、条件次第では低血糖を誘発するおそれがあるので留意してください。季節の変化を取り入れた献立作りや、外食の仕方をうまく取り入れながら、食事療法を上手に活用してください。体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。わたしたちの体内で日常的に行われている糖代謝・脂質代謝、あるいは睡眠・体温・血圧など、それらの生理機能は日内リズムに伴って変化し、「体内時計」に大きく左右されます。「体内時計」と日々の生活スタイルは、密に関係します。聞きなれない「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」を指します。これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、体内時計の特徴を踏まえた「いつ食べるか」を加えて、食事のリズムと効果の関わりについて調べる新しい研究分野です。糖尿病を大きく分けると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に分類できます。なかでも、毎日の食事や生活スタイルが深く関わり「2型糖尿病」はその代表として、最も多くの患者数です。初めは血糖値が高いこと自体に自覚症状を感じないことが多いですが、そのことが悪化の原因となってしまいゆくゆくは合併症の要因になってしまいます。適切でない食習慣は2型糖尿病の原因にもなりかねないので、食生活の改善なくして治療は行えません。体重や血糖の調整に努め糖尿病性の合併症を防ぐこと、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。3食の分量は、できれば食事ごとに同量程度が理想的ですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。どんなに忙しくても、食事は20分かけてゆっくり食べることです。そうした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。どんなに忙しくても、食事を5分ほどですませるのは避けましょう。食物繊維には上昇した血糖値を下げる効果がありますので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにしてください。ポテトやコーンには多くの糖質が含まれているので気を配ってください。腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンに異常が見られ、慢性的に血糖値が高くなる病気です。糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり血圧・血糖・血清脂質などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、糖尿病の合併症である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、日常の生活に支障をきたさないよう実り多き時間を過ごすことです。食事療法をはじめとした治療が適切に行われれば、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐことができます。「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。毎日3食バランスよく食べて、できるだけご飯を少なくすることが大事です。最も良くないのは若年層にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」です。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。なぜなら、糖質の多すぎる食事はよくないからです。糖質制限を意識して「バランスのとれた外食とご飯の摂り方に注意しましょう」と、推奨しています。「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。いろいろな栄養素を適量とるのが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。普段私たちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、栄養素が多く含まれる種類によって、6つの表をつくり6つの食品グループと調味料に分類し、食品の重量=80kcal(1単位)として掲載しています。毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、料理のメニューの参考にもなります。もっと詳しく⇒糖尿病食 宅配

コメントを残す