「ニュース」カテゴリーアーカイブ

腎臓機能を改善・クレアニチンを下げるといわれるノコギリヤシサプリのクレアギニンEXの効果をまとめました

腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため血液の濾過作用がうまくおこなわれず、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。加えて尿と共に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に増えてきます。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。故に的確な食事療法を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを摂り続ける必要があります。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分のみでなく水分の調整も求められます。この場合 飲み水だけではなく、食品中に含まれる全ての水分が該当します。浮腫自体が無い又は軽度の場合は塩分制限だけになります。この場合の水分制限は病気の状態や尿量により医師が判断します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。腎臓機能が落ち込む程に、より厳正に食事を調整する必要が出てきます。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー制限も求められます。個人の見解で判断するのではなく、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。クレアチニンについては筋肉中にある物質を介して生じる老廃物であって、腎臓に届いて分離が行われた末に尿と一緒に体外へ出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉の量が減れば、当然クレアチニンの数値も下がります。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニン量が飛躍するので、本来の値よりクレアチニン量が低下します。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、食材の品目や調理時の水量・形状・処理時間次第で変動します。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。優れた効き目が出た際には、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせることが出来る場合もあります。食事療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法は、患者自身が自ら積極的に手掛けられる最善の治療方法です。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘いものには意外にたんぱく質が多く入っているのです。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例えば、ショートケーキひとつには卵1個に近いたんぱく質が内包されています。腎臓病を発症した方の行う食事療法の趣意は、腎臓病を極力進行させない事と、健康状態の維持になります。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法次第で腎不全が進行しないようにできますし、透析導入を遅らせることができます。実際に透析が必要となってからも、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は大きな意味を持ちます。食事によって獲得したたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓でろ過され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓に与える負荷が増してしまいます。正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、適切な量は摂取する必要があります。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質については性質上分解されると約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担がかかります。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分に変換した場合30~40gとなります。よく読まれてるサイト>>>>>クレアギニンex 腎臓

腎機能を改善するには宅配食で食事制限するのが賢い方法

腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくるといわゆる腎不全といわれている病態に移ります。腎不全には、腎臓の機能低下が著しい急性腎不全と、長い年月をかけてゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。急性腎不全では、適切な治療を行って病状に至る原因を取り除くことができてれば、本来の腎機能を取り戻す可能性があります。慢性腎不全については、その特質により回復の見込みが薄くなり、徐々に腎臓の機能が失われます。腎臓病の種類には遺伝因子からくる腎炎から、またはDNAが原因ではない外的要因のものまで多岐にわたりますが、早期発見のためにも習慣的に健康診断を受け、病気と無縁の生活状態を意識する事で健康な人と同じように生活する事が可能です。ですが、腎臓病の中には症状が顕れなかったり自覚症状が出ないものもあるため、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。日常生活の中で普段と違う尿が出た場合は、まずは医療機関での受診を優先しましょう。腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つためにカリウム摂取を減らす必要があります。一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生野菜や素のままの果物にくらべて大概はカリウム含有量が非常に高いです。そのため、腎機能障害のある患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、さらに高カリウム血症の症状が顕れるおそれがあります。。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、それぞれに相応しい食塩の減らし方などを教えます。低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を体内に取り入れているかをチェックします。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、前むきにこれらの管理を行うことによりCKDの悪化を抑制できます。食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されていますね。CKDステージ3の場合には減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますねが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、日頃の食事よりも蛋白制限食は美味しくない、栄養が足りないなどという意見で、実行に移せない方がたくさんいますね。腎臓の機能は一度失われると、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、腎臓の機能の低下を防いだり、遅らせることができてるようになりました。病状が末期腎不全に推移しても回復の見込みを著しく悲観する事はなく、透析療法や移植といった腎代替療法の中でもいくつもの選択肢が用意してあるので、患者自身の現状に照らし合わせた治療を見つけることが可能です。ソラマメの形状に類似した我々の腎臓は腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれがたくさん集まっている場所です。腎臓におけるメインの働きは、たんぱく質の代謝によって発生した血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。その他にも、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保ったり、赤血球をつくるホルモンや血圧調整、骨の成長段階に必要なホルモンを創り出すなどのたいへん重要な役目を司っていますね。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっていますね。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を創り機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、たいへん重要な働きを私立ちの体の中で行っていますね。腎臓の治療は持ちろん病院にきて相応の対処も必要ですが、日常的に健康的な生活を意識する事が大事です。腎臓の負担を軽減するためには、減塩する事が大事です。適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されていますね。一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、生の食品を選びましょう。天然のだしは料理の味付けに最適です。慣れてくると、薄味でもおいしく食べることができてます。たんぱく質が多く含まれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質の制限を必要としている方に相応しい食品として市販やインターネット通販の「低タンパク質食品」も選択できます。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてください。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされていますね。標準体重を約60kgと仮定すると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で捜してみて参考にするとよいでしょう。食事療法については、栄養士に教えてもらいながら自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。こちらもどうぞ⇒腎機能 改善 宅配食